2017/06/15

1ヵ月でもここまで変わる。写真でみる色変化。


「どんなふうに色が変化していくの?」と、実演や店頭でよくご質問をいただきます。
また、雑誌などで新品だけをご覧いただく場合など、「色が変わっていく」という言葉だけでは変化の過程がイメージしづらい方も多いと思います。

今回は、茶筒の色変化を少しでもイメージしていただきやすいように、新品から撫で始めて半年間を、1ヵ月ごとに写真を撮ってみました。必ずこうなる、という訳ではありませんが、茶筒を使い育てていく楽しみを感じていただけると幸いです。


【銅】
銅はほかの素材と比べて一番変化がはやく、撫で始めて1ヵ月の間に、濃い茶色へ変わっていきます。人によっては1週間ほどで写真の1ヵ月に近いくらい変わる場合もあります。通常、1〜2年程度で変化の度合いは落ち着いてきます。
ただ、この落ち着いてくるまでの間に、多少変化にムラが出たり、水滴などによるシミなどができて「汚れてきた」ように感じる方もおられますが、そこを辛抱して撫で続けていただくとムラやシミがなじんできて、全体に艶が出てきます。ここから、さらに撫でていくと深みのある、綺麗な飴色になっていき、変化も均一になっていきます。





【錻力】
錻力は、銅、真鍮に比べ一番変化の遅い素材になります。写真をご覧いただく通り、徐々に徐々に鏡面のような光沢が大人しくなり、灰色に変わっていきます。そして、30~40年かけて銀〜灰〜黒へと変わっていきます。その間も、わずかな凹凸が地模様のように変化し続け、最終的には渋みのある茶筒になります。




【真鍮】
撫で始めると、銅ほどではありませんが変化が現れ、1ヵ月が経つ頃には新品とはまた違った艶がでてきます。使い始めの金色から徐々に赤み、もしくは黄色がかっていきます。また、撫でる際に手の平の触れる頻度の違いが徐々に全体の色変化に現れてきて、まさに使う人だけの文様が生まれてきます。10年もすると濃い飴色に落ち着いていきます。





いかがでしょうか?
今回撮影しました茶筒は、毎日1分程度撫でて変化したものですが、
もちろんこれは義務ではありません(笑)。

例えば、お茶やコーヒーを飲んだり、料理をつくったりする日常の中で、茶筒を使うことを含めて「小さな楽しみ」として、手に取った時に撫でてもらえるといいと思います。
触る人によって、手の水分量、油分量の違いや、季節、天候、気温、撫でる時間によっても変化の仕方は違ってきますので、使った人にしかできないことともいえます。

日常生活の中で茶筒を使う時に、少しだけ意識して撫でる。それを続けていただければ、それだけであなただけの茶筒に育っていくのです。そして、これは数十年単位で楽しんでいただけることですので、続きを次の代の人につないでいただくこともできると思います。

ぜひ、気長に無理せず楽しんでください。
撫で方は、こちらの記事も参考にしていただけると良いかと思います。





2017/05/10

永くお使いいただくために。


開化堂の茶筒を毎日お使いいただく中で、ふいに落としてしまいヘコみができてしまったり、蓋が閉まりづらくなることがあると思います。
こんなときは、修理を承っておりますのでご相談ください。

京都の開化堂をはじめ、職人がお邪魔します実演先に茶筒をお持ちいただければ、状態を見ながらご相談させていただけます。叩くだけでも直せる、部品を取り替えないといけないなど、職人の経験をもとに判断してお伝えしていきます。

また、お電話にてご連絡いただければ発送修理も承っております。その際は、使用年数や素材の種類、茶筒の状態なども合わせてご連絡いただけますとスムーズです。
いずれの場合も、お見積をさせていただき、修理にかかります。
状態によりますが、最長で2ヵ月程度お時間を頂く場合もあります。


すべて手づくりだからこそできる「修理」ですが、やはりお客さまに安心して永く茶筒をお使いいただけるよう行っていることでもあります。
お買い上げ頂いたら終わり、ではなく、お買い上げ頂いてからお客さまとのお付き合いが始まります。

また、磨き直しも承っておりますので、あわせてご相談ください。
今まで、色変化の際に少しムラがでてきたり、多少の傷がついた際にご相談をいただく場合がありますが、そのまま手で撫でてお使いいただくうちに、だんだんと馴染んで良い味になってくる場合もありますので、ご使用に支障がない時は、茶筒の個性として育てていただくのもよいと思います。


本日から開催の、松屋銀座さまでの実演販売でも、12日より職人が在席しておりますので、修理のご相談を承っております。お気軽にお声掛けください。

【松屋銀座 実演販売】
日時:2017年5月10日~5月16日
※12日〜14日のみ職人が在席しております。


2017/04/13

無料で「名入れ」いたします。


開化堂本店・実演販売のみとなりますが、茶筒をお買い上げの方に『茶さじ』をプレゼントさせていただいております。そして、ご希望の方には『茶さじ』に無料でお名前を刻印させていただいています。

ご希望のお名前を職人がその場で刻印しますので、ご自身で使われる場合はもちろん、ご結婚やご出産をはじめとしたご贈答用としても大変好評をいただいております。

茶さじも、茶筒同様『銅、ブリキ、真鍮製』ですので、茶筒とともに色変化を楽しむことができます。



また、私ども職人としても、お客さまのお顔を拝見しながらお名前を刻む瞬間は、何とも言えずうれしいものです。


まだまだ、全国各地とまでいきませんが、できるだけ多くの場所に実演販売でお伺いしたいと思いますので、ぜひ、お立ち寄りください。
職人、スタッフ一同心よりお待ちしております。

実演販売の予定はこちらをご覧ください。
http://www.kaikado.jp/



2017/02/27

新サイズ100g珈琲缶、実演にて先行販売いたします。

新しいサイズ、100gの珈琲缶ができました。
今まで、300g、200gと少しずつラインナップを増やしていましたが、100gは、コロンとした程よい大きさの珈琲缶となりました。

いろいろな豆を少しずつ楽しみたい、職場などに小分けで置いておきたいという方には、ちょうどよいサイズではないかと思います。300g、200gとの違いとして、100g専用の計量スプーンが付いていまして、持ち手が少し短く作ってあり、中ぶたの持ち手にかぶさるように収まります。

 大きすぎず、小さすぎず、持ちやすいサイズです。



左が100g用計量スプーンになります。

左が100g珈琲缶です。



3月1日からの新宿伊勢丹さん実演にて、先行販売いたします。

銅、ブリキ、真鍮とラインナップも揃っていますので、使い方を想像していただきながらお手にとって確かめていただきたいと思います。もちろん、300g、200gの珈琲缶も取り揃えておりますので、ぜひご覧ください。

左から、300g、200g、100g珈琲缶です。各色ご用意しています。



ホームページからのご注文は、後日スタートする予定ですので今しばらくお待ち下さい。





2017/01/10

海外販売のはじまり。

開化堂の茶筒は、イギリスやアメリカ、スイス、イタリア、台湾、中国、シンガポールなど、数多くの海外のお店と取引をさせていただいています。今でこそ、これだけ多くのお店からお声掛けをいただいていますが、やはり、最初から皆さんとつながっていた訳ではありません。今回は、そのきっかけとなったお話をお伝えします。


紅茶の本場、ロンドンからのメール

始まりは、お茶筒を取り扱いしたいというロンドンからのメールでした。メイフェアにあるPostcard Teasという紅茶屋さんからでした。
家業に戻って5年(2005年頃)、ずっと、海外との取引をしたいと思っていたので、このメールを見た時は本当に嬉しかった。海外で売りたいと思って帰ってきたし、それが売り込みにいったのではなく向こうから来てくれたこと、何より紅茶の本場ロンドンからだったことも嬉しかった。

その後、メールのやり取りが続き、ついにはオーナーのティムさんが、京都まで来られて直接お会いすることができました。今では家族ぐるみのお付き合いをさせていただくまでになりましたが、その頃を思い返すと、お互い緊張していたなぁと思います。
最初は探り探りの会話をしながら、途中、お互いの思うところが同じだったと気づいてからは、話はトントンと決まっていきました。そしてついに、紅茶の本場ロンドンと取引が始まることとなりました。私自身、これは絶好のチャンスと思い道具を持ってロンドンに行くことにしました。


初の海外実演

その頃、開化堂はまだまだ小さな工房。海外出張の予算が潤沢にあるわけでもなく、もしあかんかったら海外旅行に行ったと思って諦めてと、往復の飛行機代だけをかけてロンドンへ飛びました。ティムさんのご好意によりお店に泊めてさせてもらって、10日間ほど実演をさせてもらいました。
今から思うと、この頃はじっくりと時間を使えた時期だったように思います。毎日、紅茶を飲みに来られるお客様にじっくりゆっくり開化堂のことについて話をしていました。


この時、たまたま行ったヴィクトリア&アルバートミュージアムに強い感銘を受けながら、この国の人たちに認められて、いつかはここに展示されるといいなと、ぼんやり考えていました。



ロンドンと京都

その頃のつながりが今でもあるし、10年経った今でも毎年会いに来てくれるお客様もいる。つくづくロンドンと京都って似てるなと思います。最初は遠慮がちで少し離れて見てる。本当に仲良くなるとず〜っとの付き合いが始まる感じです。

以来、毎年寄せさせていただき、開化堂の話をしたり、知り合いの工芸職人さんたちと寄せさせてもらったり、中にはBBCの取材を受けることもありました。
また、今では親戚のようなエッセイスト・小説家である入江敦彦さんに、買い物デーと称してロンドンを案内いただいたりしました。そうする中でロンドンの動向も見えてきて、どう伝えるのかもだんだんと理解してきたように思います。


昨年も入江さんのお宅でご馳走になった手料理と、使っていただいている開化堂の花瓶

ロンドンの街の風景を。(大好きな車も少し…)



その甲斐あって、ティムさんとつながりのあったマーガレットハウエルさんとお付き合いするようになり、ジャスパーモリソンさんのお店で売ってもらうようになったり、また、モノクルラジオに出演したりと、だんだんロンドンの街に開化堂が浸透していくようになりました。

そして、お付き合いが始まって10年が過ぎたころ、僕にとって本当に夢のような知らせが届きました。なんと、ヴィクトリア&アルバートミュージアムの永久保存が決まったのです!これはティムさんなど多大な尽力があってこその事ですが、私にとって10年間のご褒美のような、本当にありがたいことでした。




そして、2016年の9月もロンドンに行ってきました。今回はロンドンデザインウィークの一環として、マーガレットハウエルさんに、100年続く開化堂をインスタレーションとして展示をしていただました。こんなお付き合いがこれからも続けていけるよう、日本同様、きちんとした物を作り、それを伝えていきたいと思います。



マーガレットハウエルさんでは、美しく展示していただきました!



2017/01/01

普段の風景を切り取った「年賀状」


皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今回は、開化堂から送らせていただいています年賀状のことをお伝えしたいと思います。


私達のつくる茶筒は、素材や形の簡潔さや美しさを感じていただける商品ですが、皆さまの目に触れることの少ない制作工程の中でも、違った美しさを感じられるタイミングがあります。今年の年賀状では、そのワンシーンを切り取って皆さまにもぜひそれを見ていただければと思い撮影・制作しました。





撮影したのは、銅板を切り、円形になるように曲げて「ハッソ」という留め具で固定したものを、出来た順に積み重ねていく、といういつもの制作作業中の一コマです。この時、まだ部品でしかない金属同士が非常に複雑な映り込みを作り出し、整然としているようで混沌としていて、また、無個性のようで個性を感じられる、不思議な美しさを見ることが出来ます。





それはまさに手作りの中でしか見えない景気であり、見るものの立ち位置がほんの少し変わるだけで、様々な表情をみせ、未完成であるがゆえの美しさ、きらびやかさ、少し触れると崩れそうな儚さ、見方をかえると、職人たちの個性のようにも見えてきて……見るほどに、今、私が日々感じていることを投影するものにも感じました。

皆さまの目にはどう映るでしょうか?

本年も、ものづくりに精進し、皆さまに喜んでいただける商品をお届けして参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。


2016/12/20

年末、五代目が実演を務めます。

2016年も、残す所あと僅かとなってきました。開化堂では、年末恒例となっています松屋銀座さんでの実演で、仕事納めとなります。この実演には、後半のみですが五代目である親父が詰めております。
今回のブログでは、親父のことを少しお伝えできればと思います。


子供の頃、親父が工房から家に帰ってきて、晩ごはんができるまでの間、よく一緒にキャッチボールをして遊んでもらいました。はじめは楽しく遊びながらやってくれるのですが、野球好きの親父は途中から「本気で教える」に変わってきて、僕はたまらずトイレに行くふりをして戻らないこともありました。
でも、仕事がおわってから一緒に野球をしたりして遊ぶ夕方の時間がすごく楽しかったのをよく覚えています。

この頃のことが、自分が大人になり社会人として働くようになって、「自分の子供ともこんな時間が持てるのっていいな」と思うようになり、それが開化堂に戻る一因にもなっています。


開化堂に戻ってからは、事あるごとに親父に相談をするようになりました。これからやりたいことや思うこと、その日その日にあったことを。
最初は、将来会社を継いで経営していく自信が持てなくて、漠然と不安を感じていたのだと思います。その中で、どうすれば良いのかをずっと学んできたんだと思います。


茶筒をつくることも同じだなと思います。
まずはやり方を教わるのですが、
全体の5%くらいの作業が残ったところで「やってみろ」と。
最初は、やはりうまくできません。
そして、親父のところに見せに行くと、
ダメ出しをされながら、もう一回やってもらう…。

そういうことを何度も繰り返しながら、だんだんとすべての作業をやらせてもらえるようになってきます。そして、今度は「質と量」についても指摘をもらうようになります。
そしてまた、親父のつくったものをみて、どこまでやれるかを考える。
親父のつくる時間をみて、どれくらい早くやるのかを考える。
こんなやり取りをする中で、自分のものづくりの基準や考え方や人に教えることを学んだと思います。

孫の前では、終始笑顔の五代目。


ただ、教わるときに大変だったのが(他のときもそうですが)親父の場合、「そこは、こぉうしたらええんや。わかるやろ?」みたいに擬音が多く、感覚でつくります。僕は、頭で理解してつくるので、非常に苦労しました。
そして、今も親父から仕事で指摘される事もあるのですが、今までの経験値からの指摘なので、それがまた的を得ていまして…悔しいやら腹立たしいやら、という事が未だにあります。

こんな親父に是非、年末会いに来てやってください。
親父も皆さまとお話したくてウズウズしていると思います。